【異業種転職】未経験者可とは言っても第二新卒くらいまでじゃないと選考も採用後もハードだよって話

転職記事第4弾です。

 

実は転職活動中、未経験ですがひとつやってみたいなと思う仕事があり、同業種と並行して色々探したり応募したりしていました。

結果的には手堅く同じ業種の仕事に転職したのですが、この記事では未経験の仕事に挑戦する時のデメリットをお話しようと思います。。

 

なかなか異業種に転職する「デメリット」を書いてる記事はないんじゃないかな。

特に僕の場合もう30歳手前だったのでかなり苦労しましたし、思う事もたくさんありました。

 

なお、前回はこちら。

【宗教?】目を覚ませ!洗脳してくる会社に気を付けろ!

予想してはいたが異業種の方は書類選考にほぼ通らない

同業種と並行して応募していたわけですが、同業種と比べて書類選考の通過率が本当に雲泥の差でした。

まあこれはその人の年齢とキャリアによると思いますけど、少なくとも僕の場合は30歳手前だったので書類選考に通りにくいのはある程度予想通りでした。

 

理由は「年齢」と「未経験」の2つ。あとは僕のキャリアはそんなに綺麗でもないのでそれもあるかな。

僕は「いても意味がない」とか「労働環境が悪すぎる」って思ったらさっさと辞めてガンガン転職した方がいいって考えですが、会社によっては移り気な人間にしか見えないと思います。

 

経験さえあれば30手前でも全然転職は出来ると思いますけど、この経験がないと若くない限り転職はいばらの道になるなってのは今回かなり実感しました。

まあ経験とか言っても僕のやっている仕事って物流系なのでそんなに書類選考とかも真面目にやってる業界でもないんですけど、もちろん経験は見られるし、自分も落ちた会社はあったし応募資格に満たない会社もあったし、今の会社も人手不足ですが応募が来ても落とされる人は色んな理由で落とされてます。

 

一応未経験とは言え応募資格は満たしている所に応募していましたが、そうそう簡単に書類選考には通りませんでした。

何度もお祈りメールが来ても予想していた事なので「まあそうだよな」って感じで深く落ち込む事もなかったんですが、あまりにも通らないので「くそっ!」と思った事くらいはありましたねー。

 

「どうしてもその仕事がしたい!」ってかなりの熱意がないともうこの時点で心が折れると思う。

次の項で書いてますが、それくらい熱意がないと続けるのも大変だと思う。

 

30歳手前にもなって未経験の仕事に就くとこんだけデメリットがある

30歳って言ったら普通ある程度経験があって、リーダーくらいになってる人も多い年齢です。

業界未経験って事は、この前まで大学生や高校生だった人と同じレベルの仕事しか出来ないって事です。

いや、専門知識がいる仕事や技術職の場合は新卒の人は通っていた学校で勉強とかをしている場合もあるので、それもないと下手したら新卒以下の価値って事です。

 

もうこの時点でかなり不利なんですよね。だから書類選考にも通らないわけで。

 

基本的に日本では年齢を重ねたら経験を積んでいたり実績がないと価値が低いとされます。

で、僕が未経験の仕事に挑戦しようとすると、まさにその「年齢を重ねているのに経験がない」という事になるので採用側にとっては価値が低い人間って事になります。

それはもちろん分かった上で転職活動をしていましたが、冷静に考えると結構デメリットがあるなと感じたのでそれを書いていきます。

年収が下がる

まずこれ。生活レベルに直結する話。

転職のハードルが高い日本ですが、前職の経験が活かせれば希望額を聞いてくれたり、中途入社でも年齢に応じた給料を提示してくれます。

もしくは、前職の給与を下回らないように保証してくれたり、年収が上がる可能性もあるでしょう。

 

でも今までの経験も何もないのに、企業が年齢に応じた給料を出す理由はありません。

同じ未経験なら新卒の方がいいに決まってるし、新卒雇うならもちろん新卒並みの給料で問題ないし。

 

いい会社なら前職と同じ額を出してくれるかも知れませんがそれも額によると思います。

ちなみに前いた会社は年功序列が根強く残ってたんで、年齢ごとの給与ベースが決まっていたので未経験だろうがなんだろうが給料を決めるのは年齢でした。

極めて時代遅れだと思いますが、中にはそういう会社もいまだにあるかも。

会社を選んでいるご身分じゃないのでいい会社にはめぐり逢いにくいし、もし転職してしまうと後戻りも難しくなる

待遇がいい会社は当然ながら倍率も高いです。そういう所に入れる可能性は低いです。

もう理由は説明するまでもないですがライバルが新卒や第二新卒ですからね。

 

どうしてもその仕事がしたければ条件を下げるしかなくなります。

それで変な入社して「やっぱりダメだ」ってなって元の業界に戻ろうとしても、一度他の業界に行ってしまうとキャリア的には変な感じになってしまいます。

同世代に追いつくのはめちゃくちゃ大変

学校を卒業した時、高校生なら18歳、大学生なら22歳です。

これが新卒の年齢です。この新卒の人がずっと同じ仕事をしてきた場合、30歳になると約10年分も経験に差が出るわけです。

 

この差を埋めようとしたら並大抵の努力や勉強じゃ足りません。

最初は未経験だからで済むかも知れませんが、新卒の人と同じ努力しかしてなかったら一生10年分の差がついて回るので「その年でそんな事しか出来ないの?」ってずっと言われ続ける事になります。

ずっと努力している人はどんどん出世してしまって、一生追いつけない可能性も高いです。

 

死ぬほど努力してやるぞって覚悟とか、その仕事にかなりの熱意がないとハードな道のりになる事は間違いないでしょう。

 

今までの経験を異業種でもどう生かせるのかアピールするしかない

僕の場合、会社員としての経験ではありませんが個人でやってきたものを武器としてアピールできたのでそれを評価してもらい最終面接まで行けた会社も何社かありました。

 

が、前の項でも書いた通りやっぱり条件はかなり妥協してたんですよね。応募しておいてあれだけど、自分の中で全然納得はいっていませんでした。

雇用形態が契約社員だったり、給料だったり、年間休日数だったり、かなり遠くの会社で通勤が現実的とは思えないような所だったり、などなど。

 

それにこれも前の項で書きましたが、不安要素が多すぎて「この仕事やってみたいな」とは思うものの、正直あまり踏ん切りもついていませんでした。

 

今考えると、結局僕は熱意が足りなかったのかなと思いました。

 

ここに内定もらったら絶対に入社しようって思いながら面接受けた会社は一社もなかったし、内定が出た会社も一社だけあったんですが最終的に辞退。

その会社の人には手間かけてほんとに申し訳ないんですが、こっちが会社選んでる場合じゃないって自覚はあったのでとにかく片っ端から応募して、書類選考に通った会社はとりあえず面接に行っているような状態だったのでそんな事になってしまいました。

 

まとめ。異業種転職するならそれなりの覚悟を

って事で、業種を変える時のデメリットについてでした。

歳を取ってきて業種を変えると色んなデメリットがある事が分かってもらえたでしょうか。

 

結局僕はあまりいい所が選べなかったのと入ってからもずっと苦労しそうだなと思ってそのまま同業種に転職しましたが、これで良かったなと思っています。

前やってた業種に不満はなかったしむしろ仕事内容は好きだったので・・

 

歳を取ってから業種を変える場合は、まったくの未経験よりも少しでも何か経験が活かせる業種から選んだ方がいいかなと思いました。

 

またちょっと余談っぽい記事になりましたが、まだまだ転職記事続きます。

それではまた。

 

最新情報をチェックしよう!