【転職成功】いい会社が見つかって金も休みも時間も人にも恵まれた話

転職記事第8弾。これがラスト。

最後はまあ後日談というか、これまで僕が何度か転職を繰り返した結果ようやくいい感じの所に落ち着けたってだけの話です。

前回はこちら。

自分の人生は自分の責任。転職で内定が出たら必ずやるべきこと!

 

年収が80万くらい上がった

一応、転職するたびに年収はちょっとずつ上がっているのですが、今回は月給が約10万円あがりました。

ただし今の会社はボーナスがかなり少ないので、年収でいうと80万くらいかな。それくらいアップしました。

でもボーナス込みの年収より、給料ってのは基本給で考えるのが正解です。僕の場合はほぼボーナスがなくなったのに年収は80万くらいあがったんで別に問題はないです。

 

年が明けて2020年ですが、年末の仕事納めの時に上司から「今賃金アップに向けて動いている所なの一層で頑張って欲しい」との激励がありました。

激励で言ってるだけだと思ってあまり真に受けていませんでしたが、何年かいる人に聞いたらそういう話が出たの自体初めてらしいので本当に動いてくれている所かも。

あまり期待すると反動がでかいので、のんびり待つつもりです。

 

年間休日が20日くらい増えた

別の記事でも書いたのですが、僕のいる業界は物流業界で現場の人間は休みが少ないです。土日祝休みとか完全週休二日制でやってる会社はほぼないです。

日祝休みで土曜は隔週出勤、もしくは毎週必ず土日休みだけど祝日は出勤、このくらいがいい方。ひどいと日曜日だけとかも全然あります。僕も前は休日が少なくて年間休日数は確か107日くらい。仕事よりプライベートが大事な人間なのでマジできつかったです。

 

土日祝休みの完全週休二日制なら平日の拘束時間が多くてもいいし、給料下がってもいいとまで思っていました。

なので意地でも「土日祝休みの完全週休二日制の会社を見つけてやるぞ」と思ってずっと探していたんですが・・見つけるのに相当苦労しました。

この条件だけは絶対に譲らないと決めていたので転職活動が少々長引きまして、在職中から探し始めて4か月目(離職してから3ヵ月目)にしてやっと見つけられました。

 

やっぱり土日祝休みの完全週休二日制じゃなきゃ無理だ。

 

前職は隔週で土曜出勤があったので予定が立てにくかったり、土曜に休みだと思った友達から誘いが来たり、金夜に遊びに誘われても仕事のせいで断らなきゃいけない時は本当に最悪だった。

今は毎週2連休なので金曜日が超楽しみ。金曜日は終わってから遊びにいけるので休みみたいなもんですからね(?)

 

日曜は絶対休みだけど僕が兼任する業務の方では土曜出勤が稀にあるようです。が、休日出勤したら必ず平日に振替休日がもらえます。ちゃんと振替で平日に休みもらえるならむしろありがたいくらいです。

年間休日は20日くらい増えました。休みを一番重視して転職活動をしてきたので、まさに完全勝利です。やったね。

 

残業が50時間以上も減った

年収が80万くらいあがって年間休日は20日くらい増えた上に、残業時間は圧倒的に減りました。

前職では残業が多い月だと100時間くらい、少なくても70時間くらい残業していました。残業っていうか、早出も込みですけど。今の仕事も早出はあるけどそれでもせいぜい20時間~30時間くらいかな。50時間って、約2日分の時間です。実質2日分休み増えたようなもん(?)

というか去年末に初任給もらったくらいで本当に入社したばかりだし、朝から出たり昼から出たり、集合時間もバラバラでフレックス制じゃないんだけどフレックス制みたいになってるからイマイチよく分からないけど、体感で言っても圧倒的に拘束時間は少ないです。

前職は土曜出勤もあったので拘束時間の差で言えばもっと大きいです。

 

ちなみにあれだけ残業させておいて前職はみなし残業制で、余裕で超過しているのに超過分を支払ってくれる事はなかったです。

マジできっちり証拠そろえておいて回収したかった・・。

ただ現職も残業についてはみなし制です。直行直帰の仕事でもないのにみなし残業制にしてるの大嫌いなのでちょっと嫌だったんですが、土日祝休みには変えられないと思って妥協しました。

 

面接で「残業は何分単位で計算ですか?」と聞いたら「みなし残業制で給与に含まれてます。が、今の所全然残業時間は足りていない状況です・・。」って言われて、どうせ嘘だろ・・と思ってたんですが入社してみたら本当に足りてないような状態です。

 

先輩に聞いたら過去に何回か超過した時は全部ちゃんと払ってもらったらしいので、その点は今の所安心しています。

でも僕が入社した時期って「年末なので忙しさがピークです」って言われてたんですよね。ピークで残業時間足りてないならいつ超過するんだろ。

それに、慢性的な残業でなく常識的なレベルなら別に残業くらい構わんのです。当然ながらちゃんと残業代払ってくれるなら、ね。

 

労働環境が良く働きやすい会社の方が業務も円滑に進むと分かった

何社か経験してきて確信に変わった事があります。それは・・

 

働きやすい会社ほど業務も円滑に進むという事。

 

今勤めている会社では業務中にあまりストレスを感じず働けています。

もちろん多少不満な事はあるし、「この人・・ちょっと・・」みたいなのはぶっちゃけすでにあります。でも、労働環境がとても良いのでそんな多少の事はまったく気にならないんです。

多少の事は「まあ仕方ねえか」で済むっていうか。心に余裕があるからみんなピリピリしてないし、社員同士も世代や年齢に関係なく仲が良く、人の定着率もいいから業務に慣れている人間同士しっかり連携が取れてて仕事が円滑に進みます。

まだ若い会社ではあるんですけどいずれ幅広い年代の人が定着してるんで将来性も安泰。

労働環境が悪いほど業務の効率も悪い

前の会社の・・特に僕のいた営業所は労働環境が最悪で、毎日のように誰かと誰かが仕事のやり方をめぐって喧嘩。僕が当時者の事もありました。

社員同士も心に余裕がないので常にイライラ。空気もピリピリ。社員どころか部署同士まで仲が悪くて信頼関係や結束みたいなものは皆無。

素直にすいませんって言えば済むような事も皆日頃の鬱憤とストレスが貯まりまくってるからつい逆ギレしたりして些細な問題が大きくなる。そしてそのたび仕事が止まる。

 

まさに負の連鎖。

 

まあ、元々人として合わないっていうか仕事じゃない所で知り合っても絶対仲良くなれない人達ばかりでしたが、にしても労働環境がもっと良ければある程度の事は「まあ仕方ない、仕事だからな。」と割り切れるもんです。実際今も、今まで勤めた最初に勤めた会社もそうでしたから。(はじめて入社した会社も労働環境は良かった。)

 

辞めてから心底感じましたが、労働環境が最悪な会社はマジでいる価値がないなと確信しました。

イライラして心身共に疲労してる状態でいい仕事が出来るわけがないです。だってそんな余裕ないもん。とにかく「山のような仕事をいち早く終わらせる事」だけで精一杯です。

労働環境が良ければ結果として色んな事がうまくいくので効率も売り上げも上がるんだなって非常に良く分かりました。

 

ちなみに労働環境ってのは賃金の事とかも含めてです。例え忙しくて山のように仕事があってもちゃんとその分お金がもらえるなら喜んでやる人間はいるので・・。

人が定着しないなら会社に未来はないです。若い人全然定着しないのにいつまでもあんな経営しててどうするんだろう・・。将来は業務縮小するか倒産かなあ。

会社のニーズと自分のニーズがバッチリあった

雇われる側が少しでもいい条件で入社したいと思うように、採用側も少しでもいい人材が欲しいと思っています。

でもお互いのニーズがばっちり合う事ってなかなかないと思います。

 

会社側は「是非うちに欲しい人材だ!」と思っても、雇われる側は「もう少し給料が良ければなあ・・」と思ったり

雇われる側は「絶対ここに入社したい!」と思っても、会社側は「このくらい経験しかないならもう少し若ければなあ・・」と思ったり

 

もちろん口には出さないけど、お互いに心の底では色んな事考えて入社を決めたり、内定を出したりしてると思います。

 

それが、今回はバッチリあったなと感じています。

僕としては給料、休み、拘束時間、業務内容すべて非常に理想的。

会社側も、僕は29歳なのでそんな若くないんですけどこれまでの経験をかなり褒めてくれたし、面接の感触からして「すぐに話通すので是非ともウチに!」って感じだったから内定もらえるの確信出来たし、経験者って事で入社前からずいぶん期待もされてたみたいです。

いい条件と思うかは人それぞれ。合う人には合うけど合わない人には合わない会社だと分かった

僕が今の会社の求人を見た時には「やっといい条件の所を見つけた、絶対ここに入社してやる!」って思ったものです。

でも内定の返事をした後で書類をもらいに会社まで行った時にちょっとした雑談になった時に話を聞いたら、内定出したのに辞退されたり、面接終わった後で辞退されてしまう事もよくあってずっと人が足りなかったと聞いて驚愕しました。

会社も大きくて安定しているし、正直業界の中でもトップクラスにいい条件の会社だと思ったので一体何が嫌で断ってるんだろうと思ったんですけど、冷静に考えてみたら求人に対する理想が違うだけでした。

当たり前の事だけど、僕にとっては条件が良くてもそうじゃない人もいるんですよね。

 

今回の記事でも書いたし、これまでの転職記事でもしつこいくらい何度も書いてきましたが、僕が求人を見る時一番大事にしてきたのは土日祝休みの完全週休二日制。

でも、世の中土日祝休みなんかより平日に休みくれって人もいれば休みなんか最低限でいいからとにかく金が稼ぎたい!って人もいるし、家の近くならなんでもいい!みたいな人すらいるんです。

 

稼ごうと思えば体力さえあればたくさん稼ぐことは出来る業界です。

「とにかく会社はどこでもいいからこの仕事で稼ぎたい!」って人には確かに合わない会社です。人それぞれだな・・。

 

まとめ。現状に不満があるなら勇気を出して転職してほしい

って事で転職記事を8記事書いてきました。これ最初は1記事でまとめようとしてたんですよね。

なかなかまとまらなくて、どうしたもんかなと思って最終的に記事分ける事にしたんですけど8記事も書く事あるのに1記事にまとめられるわけがないな・・。

 

前の会社を辞めた時は短期間で退職することになり、いくら会社がおかしいとは言えいい会社が見つかるかなと非常に不安でした。

が、結果としてすべてが良くなりました。

 

僕も会社を辞めた時には偉いって褒めてもらったりしたんですけど、やめるってのも簡単なようで勇気がいる事です。

でも、現状に不満があるならあがけるだけあがいてなんとか環境を変えて欲しいなと思います。

 

普通に生きようとしたら人生の大半は仕事に時間を使わざるを得ません。

人生の大半の時間にストレス感じながら死んでいくなんて嫌じゃないですか?

 

僕は嫌です。

なんかうまくまとまってないけど、そんなお話でした。それではまた。

最新情報をチェックしよう!