オープンしたばかりのトレイルアドベンチャー・よこはまに行ってマウンテンバイクに乗ってきたので感想と注意点について書いた

2/29に、トレイルアドベンチャー・よこはまという施設がオープンしました。マウンテンバイクで走れるコースが森の中にある施設です。

僕はマウンテンバイクは持っていませんが、手ぶらで遊びに行くことも出来ます。

彼女と「外で遊びたい」って話になったのでラジコンを持ってどっか大きい公園でも行こうかって話をしてたんですが、ふとトレイルアドベンチャーの事を思い出したので提案してみたらそっちが良いというので今回遊びに行ってきました。

トレイルアドベンチャー・よこはまとは

今書いた通りですが、トレイルアドベンチャー・よこはまとはMTB(マウンテンバイク)で森の中を走れるアクティビティ施設です。

公式サイトもあるのですが結構ざっくりしてて分かりにくかったので、この記事でも簡単に紹介。

トレイルアドベンチャーはフォレストアドベンチャーという自然共生型アウトドアパークの一部

そもそもトレイルアドベンチャーは、「フォレストアドベンチャー」というアウトドアパークの中のひとつのアクティビティ。なので運営している会社も同じ。

フォレストアドベンチャーは森の中に作ってある施設で、アスレチック場があります。

ジップラインで木から木までターザンみたいに滑ったり、木と木の間にかけた不安定な橋を渡ったり。もちろん命綱つけてですよ。

北は北海道から南は沖縄まで日本各地に展開しているようです。

 

このフォレストアドベンチャーのアクティビティのひとつとして、マウンテンバイクに乗れるのがトレイルアドベンチャーというわけ。

コース利用料金とレンタル料金

料金は以下の通りで、コースの利用時間は3時間となっています。

コース利用料金(3時間) MTBレンタル料金 プロテクターレンタル料金
MTB 2500円 2300円 1000円
eMTB 2500円 3800円 1000円

※eMTBは電動アシスト付きマウンテンバイクの事。ママチャリだけじゃなくマウンテンバイクにも電動アシスト付きのものがあります。

税込み価格です。

 

この他、電動バイクのレンタルもしており電動バイクに関しては利用時間1時間で3000円、コース料金とレンタル料金、プロテクターレンタル料金込みです。電動バイクを持ち込めるかは不明。

あとでまた詳しく書きますが、プロテクターに関してはヘルメットは着用必須なので完全に手ぶらで行った場合、MTBをレンタルしたら5800円、eMTBなら7300円って感じですね。

場所は実質ズーラシアの中

トレイルアドベンチャーは、横浜市にある動物園、ズーラシアのすぐ隣にあります。駐車場はズーラシアと共通となっており、隣と言っても車で行く場合はズーラシアの敷地内を通過していかないと入れません。

動物園入口という大きいT字路があるのでそこを曲がったらひたすら奥まで行ってズーラシア北門を目指します・・って書くと分かりにくいですが要は北門は一番奥です。

どれくらい奥かというとこれくらい奥。

フォレストアドベンチャーじゃなくてズーラシアに向かっている気がするし、一番奥なので不安になるかと思いますがこの一番奥まで来るとちゃんと駐車場があるので問題なし。

徒歩か自転車なら直接トレイルアドベンチャーにアクセスも可能です。

 

受付までの流れ

前置きはこの辺で。ここからは実際行ってきた時の話になります。

ズーラシア周辺って道路が混みやすいのですが、この日はコロナウイルスの影響でズーラシアが閉園していたので駐車場がガラガラでした。

ここに停めているのはフォレストアドベンチャーかトレイルアドベンチャーの利用者だけという事になります。

いかにもマウンテンバイクを積んでそうな車で行きましたが、余裕で手ぶらです。

 

駐車場から徒歩1分かからないくらいでこんな看板が出てきます。

 

そのまま奥に歩いていくとこんな感じで看板が出てるので、森の中に入っていきます。

 

受付も森の中。受付はフォレストアドベンチャーと共通です。隣に見えてるでかいアスレチックで遊べるのがフォレストアドベンチャーです。

 

ここにトレイルアドベンチャーの看板も出てます。

トレイルアドベンチャーの場所は少し離れているので、受付を済ませたらトレイルアドベンチャーの方まで移動します。

12時20分ごろに受付したんですがタイムテーブルみたいなのがあるようで「13時からのご案内になるので、トイレとか遠い場所になるんで先に済ませておいてもらって、12時40分くらいになったらトレイルアドベンチャーの方まで移動してください」って言われました。

 

レンタルMTBの説明と安全講習から自由走行までの流れ

トイレによってゆっくり歩いていったらちょうど良いくらいの時間だったのでトレイルアドベンチャーの方まで移動するとスタッフが声かけて誘導してくれるので後はその指示に従うだけ。

まずはレンタルする自転車の説明から。僕が借りたのはジャイアントのeMTBです。アシスト付きですね。40万円くらいするらしいです。

すごい・・フロントフォークにバイクみたいなサスがついてるし、ブレーキもディスクだ・・。

 

彼女はアシストなしのMTBです。フロントフォークは普通ですがこちらもブレーキはディスク。

サドルの調整をしてもらったらアシストの使い方、ギアの操作方法やブレーキのかけ方など乗り方の説明を聞きます。

こんな本格的なマウンテンバイクに乗るのは初めてなので真剣に聞きました。

一通り説明を受けたらコースの説明をしてもらい、初級コースをスタッフの人と一緒に1周したら後は自由!この辺でちょうど13時くらいになってました。

 

この辺の説明が必要なのでタイムテーブルがあって初心者に向けてまとめて説明してるんだと思いますが、自分のマウンテンバイクがある人や慣れている人、前にも来た事がある人なんかはこの辺の説明は省略して13時くらいにそのままスタートしてました。

 

自由走行とコースを走った感想!

って事で自由走行開始です。

とりあえず簡単な動画

とりあえず最初に僕が乗ってる所の動画をツイッターにあげておいたのでそちらを。

 

コースは3つ!

こんな感じで初級、中級、上級って感じで3つのコースがあります。

最初は初級を何度か走りましたが、簡単というか、結構退屈でした。オフロードバイクで似たように山の中走った経験があるし、似たような動きも多いのでその辺のスキルが活きているのかも知れません。

彼女はそういう経験が全然ないので最初こそ下りのバンクが怖いと言っていましたが、僕より全然運動神経いい人なので「怖いの分かるけどあんま近く見ないで曲がりたい方向を見るように」って一言だけアドバイスしたらすぐ慣れてました。うらやましいわそのセンス。

前日の雨でちょっと路面がヌタヌタしてましたが、なかなか楽しかったです。

 

すぐ中級と上級も試してみましたが、どちらも初心者の僕でも難なく走れました。

一番楽しかったのは中級ですね。

緩やかな長い下り坂があって、途中少し登ったりもあるんですがペダル漕がなくても勢いで登ってくれる程度だし、そこで適度に減速してくれるのでずーっと何も考えずクネクネ滑り降りることが出来て気持ちいい。

 

上級はこんな感じ。なんていうのか分からないけどこういう段差が続くような箇所があったりします。

このピンクの旗がたってる所はそういうセクション的な場所なんですが、最初このピンクの旗の意味が分からず結構なスピードでここに突っ込んでウイリーみたいな状態で射出されて死ぬかと思った。

あとは登りが長めに続いたりします。登り坂は僕はアシストがあるんで余裕でしたが、アシストがない彼女は辛そうでした。

でも辛そうながらも普通に座ったままこいで登ってきてたんでマジかよと思ったんですが、「座ったままでもなぜか登っていく」というので僕もアシストなしのマウンテンバイクで走ってみたけど、たしかに座ったまま漕いでもなぜか坂登ってくれるんですよね。ママチャリと比べるのはマウンテンバイクに失礼かもしれないけど、ママチャリじゃあんな風にはいかないと思うし、ちゃんとしたマウンテンバイクってすごいなと思いました。

初心者でも本当に大丈夫!

トレイルアドベンチャー・よこはまは、マウンテンバイク初心者の人でも楽しめる難易度のコースだと思います!

上級でもそんなに怖いようなコースじゃないし、自転車に乗るスキルよりも体力の方が必要だと思います。漕ぐのもそうだし、未舗装路を走るってのは慣れてないとあちこちに力が入ってしまい、かなり体力がいります。

 

スタッフの安全講習とかも非常に丁寧だし、みんな感じの良い人達ばかりでした。お客さんにも上級者の人はいましたが、煽って来たりマウントとってくる上級者もいません。

追い付かれても広い所とかで譲ってあげたら向こうからお礼言ってくれるし、和気あいあいとしてました。

結構ガツガツ走ってたので適度に疲れて、普通に楽しかったです。

 

はじめてマウンテンバイクに乗ってみた感想とか

ここからははじめてマウンテンバイクで山の中を走ってみた感想について書いてみたいと思います。

eMTBでも疲れるし、登りでも鍛え上げられたMTB乗りにはまったく追いつけない

eMTBにはアシストがついているので登り坂ではたしかに楽なんですが、アシスト自体はスピードが乗ってくると切れてしまうのです。

そんな事は知らなかったので、普通のMTBですごい速さで登っていく人を見て「アシストついてたら追い付けるんじゃないのか」と思ってその人の後ろを面白半分で追いかけてみたのですが・・

 

あっという間にちぎられました。

 

最初は距離が縮まっていくのに途中からなんでちぎられてしまうのか全然分からなかったのですが、eMTB乗りのブロガー友達に聞いてみたらアシストはある一定の速度まで出ると切れてしまうから、登り坂でもスピードが乗ってくると重たくてモーターの負荷がある分、eMTBの方が分が悪いらしいです。ギア上げながら鬼の形相で追いかけてました。

それでも、そのMTB乗りの人は登り坂でそんだけのスピードを出しているという事なので元々体力お化けの人というか、分が悪かったのかも。

あとはMTB乗りはスポーツ根性でeMTBが追いかけてくると「eMTBに負けねえぞ!」とか思ったりするようですね。

 

で、疲れ果てて休憩しててスタッフに話しかけられた時に「あの人どうかしてる」って言ったら、大会とかに出てる人で乗っている自転車もカーボンフレームの100万円くらいするMTBだったらしいです。

喧嘩売る相手間違えました。

 

eMTBには重さという点でデメリットが生じてしまうので、いい事ばかりではないようですね。

エンジンが欲しくなってしまった

もうこんな事を言ってしまうのはタブーかも知れませんが、バイク乗りの性か、どうしても二輪車に乗っているとエンジンが欲しくなってしまいますね笑

特にオフロードバイクに乗っていたので山道を二輪車で走っていると尚更・・。

 

電動バイクならあるんで、マジでレンタルしようかずっと悩んでました。

見た目はトライアルバイクそのものですね。

新しい趣味になりそうか?

これに関しては残念ながらノーです。

つまらなかったわけではないです。オフロードバイクと違う楽しさもあったし、実際飽きる事なく利用時間の3時間、フルで遊んできました。

 

でもバイクと比べると、やっぱりエンジン回してバイク乗ってる方が楽しいなというのが正直な感想です。

マウンテンバイクを購入してまでやりたいかと言われると別にそこまでではないかなと思いました。

でも今回みたいにレンタルしたり、誰かから借りて遊べる機会があるならまたやってみたい!

 

とは言え、実は自転車はずっと欲しいと思っているのです。

別にマウンテンバイクじゃなくてもママチャリでもなんでも良いのですが、僕は電車が嫌いなので車で都内近郊まで出て、都内の移動に自転車を使う・・みたいな移動方法をずっと検討しています。

結局数年前に思いついたものの自転車を買う事なく時間だけが過ぎていますが、今後買うと決めた時に一考の余地はあるかなと思いました。

 

注意!!気を付けたほうが良いこと!

遊びに行く前に気を付けたほうが良い事が結構あったのでまとめておきます。

行く前に予約推奨

公式サイトで予約を推奨していますが、今回は予約なしで行きました。予約を推奨してるのはフォレストアドベンチャーの方だけかと思ったんですよね。

ただ行ってみたらトレイルアドベンチャーの方も予約推奨してるみたいなので行くのなら予約しとくのがオススメ。

なんでかって言うと、明記はしていませんが恐らくフォレストアドベンチャーもトレイルアドベンチャーも定員かタイムテーブルみたいなのがある模様。

前の見出しでも書きましたが、トレイルアドベンチャーは必ず安全講習を受けてからになるので行ったらすぐ遊べるってわけでもなく、多分1時間刻みとかで受け付けているんだと思います。

 

僕は12時半に行ったんですが予約はしてないって言うと神妙な顔で「予約なしですね・・ちょっと確認してみますんでお待ちくださいね」って言われてドキッとしました。

無線で確認取り始めて「2名様ですが予約なしです。トレイル13時からのご案内可能でしょうか?」「レンタルMTBeとMTB一台ずつです。」とか言い出したのでソワソワして落ち着かなかったな。

 

結果的にはたまたま空きがあったので「13時からのご案内可能です!」って事になりましたが、下手したら延々と待つ事になったか、遊べなかった可能性もある。

 

フォレストアドベンチャーの方なんかはアスレチックなのでスタッフがちゃんと巡回してましたし、人数が増えすぎるとその辺見切れなくなってしまうからかな?

団体貸し切りやイベントをやっている日もあるし、自転車はレンタルの台数も限りがあるので、行ったのに出来ない・・なんて事になったり、次のタイムテーブルまで時間めっちゃあるやん・・みたいな事にならないように予約してから行きましょう。

 

※現在、オンライン予約だとなぜかトレイルアドベンチャーが選べないので電話で予約しましょう。

ヘルメットは必ず着用

プロテクター類のレンタルは任意ですが、ヘルメットに関しては着用必須となります。

なのでプロテクターだけでも自前のがあるなら持っていくのがオススメ。ない場合はお金を払って借りないと遊べないので注意。

 

マウンテンバイク専用品でなくても大丈夫。僕はスポーツ用のヘルメットがあるのでこれを持っていきました。

もしかしたら着用必須かもと思って念のため持っていったのですが、大正解でした。

汚れても良い靴と服で。普通のスニーカーとかでOK

書くまでもないと思いますが、服はともかく靴はめちゃくちゃ汚れるので汚れても良い靴で行きましょう。転倒したりしたら服も泥がつきます。

靴に関してはサンダルとかでは出来ませんが、普通のスニーカーでも全然大丈夫です。僕はスニーカーでやってきました。

非常に大混雑しやすい道路と駐車場なので計画的に。

とりあえず、改めてさっきの地図を貼るのでこれを見てください。

ズーラシア周辺の地図ですが、この県道45号、通称中原街道は道路は土日平日問わず上りも下りもかなり混雑しやすいです。

2車線プラスだいたい右折レーン付きの広い道路ではありますが、地図を見たら分かるようにズーラシアは大きなT字路を右折か左折しないと入れません。その割には入り口からは1車線しかないため(貼った地図の赤い線の所)ズーラシアの中の車線が混むとT字路付近まで車列が出来て、右左折をしたくても出来ない車が延々と道路に居座り、駐車場の入園待ちで1車線潰れて大渋滞が起こったりします。

 

毎週、必ず大混雑するわけではないのですが、運が悪いとそうなります。

 

トレイルアドベンチャー、あるいはフォレストアドベンチャー自体に突然人が殺到することはあまりないかも知れませんが、車で行く場合はズーラシアが混みあうとその余波を受ける事を念頭に置いて、行くなら時間をずらすなり対策をしておくと良いかなと思います。

支払いは現金のみなので必ず現金の用意を。

施設利用料金、駐車場、どちらもキャッシュレスには対応していないので現金の用意をしておきましょう。近くにコンビニやATMとかありません。

もしかしたらズーラシアの中にはあるのかもしれないですが未確認。

 

キャッシュレス生活に慣れている方はあまり現金を持ち歩いていないと思いますが、そこそこの額の現金が必要となるので向かう前に必ず現金の用意を。

最悪来た道を戻って最寄のコンビニまで行く事になります。駐車料金も2倍になります。

 

施設に入るときの荷物は最低限で。

トレイルアドベンチャーの方の受付広場もありますが、基本的にそっちには休憩用の椅子とトレイルアドベンチャーのスタッフがいるくらいで他は何もないです。

貴重品ロッカーとかもないのでコースを走っているときに放置しといても気にならないくらいの荷物にしておきましょう。貴重品を持ち歩けるようにマウンテンバイクに乗りながら身に着けておけるくらいのバッグかポーチかなんかがあるといいかなと思います。

 

オープンしたばかりだけどズーラシアが営業再開するまでは空いてて行きやすいかも

サラッと記事内で触れましたが、現在コロナウイルス対策でズーラシアが臨時休園しています。期間は来週の土日まで。

いつもズーラシアの辺が大混雑しているわけではないですが、今なら確実に混雑に巻き込まれずに行けるので、お仕事が土日休みの方なんかは来週の土日辺り、狙い目かも知れませんよ。

 

まとめ。割と家の近所なのでいい遊び場を見つけた

僕は横浜市在住なので、このトレイルアドベンチャー・よこはまのあるフォレストアドベンチャー(ややこしい)は割と近所です。

フォレストアドベンチャーは子供向けのコース、家族向けのコース、大人向けのコースと色々と用意されています。

実はこの記事を書いている途中に大人向けのコースもある事を知りました。行ってみたらほとんど子供だらけだったので子供向けの施設かと思っていました。

大人におすすめのアドベンチャーコース

そんなわけで、外で遊びたいと思った時には良いかなと思いました。高い所大嫌いなので高い木に登るのとかは嫌だけど。

難易度ってのが引っかかるけど、ジップラインで遊ぶくらいなら楽しそうだな。

 

それではまた!

最新情報をチェックしよう!